■ ボケ予防

そろそろ私もボケが目立つ歳になりました。
ボケなんかかかりたくない、という患者さんの声が聞こえてきます
しかしすべての人間はボケるのです
ボケ方は人それぞれですが。
帯津良一先生がおっしゃっています
「死んだ先のことを考えるのがボケ防止に役立つ」
死は当人にとっては一瞬の出来事です。
それでその人の人生が終わってしまえば面白くありません。
死後の世界があると考えれば、死は単なる通過点。死後の楽しい世界を想像するとこの世で生きていることもまた楽しくなります
できるだけ楽しいことを経験していろんな人と親交をかわし、死んだ後で先に行っていた人たちと再会する喜びを期待する、そのために今を生きてゆく。

こんな歳にも私はなりましたかね
もっとも帯津良一先生は御年82歳ですが。