■ ワクチンの効果期間  麻疹 風疹

国立感染研究所の資料より


「2015年度の調査において, 麻疹の抗体保有率は2014年度調査に続き2歳以上のすべての年齢/年齢群で95%以上を示し, 高い接種率・抗体保有率が維持されていると考えられた。麻疹の排除状態を維持するためには, 今後も高い接種率・抗体保有率を維持することが重要である。一方, 風疹については30代後半〜50代の男性における抗体保有率はいまだに低く, 2020年度を目標とした風疹排除達成を実現するためには, 定期接種対象年齢における接種率・抗体保有率の維持に加えて, この年齢層の感受性者対策が非常に重要である」


ここでいう抗体保有率は病気の発症を予防できるほどの抗体を意味していません。
とりあえず免疫を持っている人の割合、という意味です

その証拠に何年に一回風疹、麻疹の流行が未だに繰り返されています

しかしワクチンの効果は、一度抗体が上がるとかなりの長期間続くことは間違いないです