二種混合ワクチンに関する二種混合ワクチンに関する

Q: 予防する病気は?

A: ジフテリア・破傷風
ジフテリア
この病気にかかると、発熱、喉の痛み、咳などの症状が出て、ひどくなると窒息死することもあります。また、2〜3週間たってから、心臓や神経にも、障害を起こしてくることがあります。
破傷風
破傷風菌は、人から人へ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口から体の中に入ることでかかる病気です。傷口から菌が入り、体の中で増えると、菌の出すどくそのために口が開かなくなったり、けいれんを起こしたりして、中には、死亡することもあります。

Q: ワクチンの種類は?

A:トキソイド
 

Q: 標準の接種年齢と回数は?

A: ・第2期:  11〜12歳に二種混合(ジフテリア・破傷風)を1回
 

Q: 副反応はある?

A:注射の後が少しはれることがよくあります。中には腕全体がはれることもあります。また、100人中3〜4人が注射後24時間以内に発熱することがあります。
 

Q: 次に別のワクチンを接種するまでの期間は?

A:6日間以上
 

Q: 注意事項はある?

A:すでに百日咳にかかっている方は、三種混合の代わりに二種混合をうちます。
戻る