B型肝炎に関するQ&AB型肝炎に関する

Q: 予防する病気は?

A:B型肝炎

ウイルス性肝炎の一つで、B型肝炎ウイルスが体の中に入り肝臓で増えて起こる病気です。慢性肝炎の心配があるのみならず、肝硬変や肝臓癌の原因にもなります。
B型肝炎ウイルスをもっているお母さんから生まれる赤ちゃんは、分娩時に感染する可能性が非常に高いため、出生時に予防することが大切です。
 

Q: ワクチンの種類は?

A: 不活化ワクチン
 

Q: 標準の接種年齢と回数は?

A: 一般的な感染予防・・・・・すべての年齢で4週間隔で2回、その後5〜6ヵ月後に1回(合計3回)
   母子感染の予防・・・・・・・生後2ヶ月、3ヶ月、5ヶ月の時に1回ずつ合計3回                   
 

Q: 副反応はある?

A: 注射をうったあとがはれたり、赤くなったりすることがあります。
 

Q: 次に別のワクチンを接種するまでの期間は?

A: 6日間以上
 

Q: 注意事項は?

A: 海外では生まれて最初に接種するワクチンです。
  海外で集団生活をする予定のある子どもさんは計画しておきましょう。
戻る